長年にわたるフロアコーティングの実績を誇る株式会社ティースタイル。出張エリア[ 関東一園]

株式会社ティースタイル

株式会社ティースタイル

〒340-0807 埼玉県八潮市新町124-1-1F

お問い合わせ

より効果を高めるために!フロアコーティングの前にしておきたい準備とは

 

フロアコーティングを行う前には、あらかじめ「事前準備」をしておくことが大切です。
もちろん、すべて専門の業者に丸投げしてしまうことも可能ではあるのですが、それだと当日に余計な時間がかかってしまったり、段取りが悪くなってしまったりする恐れがあります。

そこで、施工当日の流れをスムーズにするためにも、ぜひ適切な準備を行っておきましょう。
もちろん、初めての方は「何を用意すればいいの?」「どんな点に注意すればいいの?」など、わからないことも多いと思います。
本稿では、そんなフロアコーティングの準備について詳しく解説していきます。

ポイントは、「フロアコーティングの効果を高めるために何をしておくことが望ましいのか?」という視点です。
実は、そういう視点でフロアコーティングについて考えておくと、業者側の作業もスムーズに行えるため、より高い効果が期待できるという利点もあります。

 

 

フロアコーティングの内容と効果
 

フロアコーティングの基本として、既存のフローリングに対して専用のコーティング剤を塗布するのが一般的な工程となります。
ただ、そのままの状態でコーティング剤を塗るのではなく、床の状態を見極めた上で必要な清掃や修復も行っておく必要があります。

たとえば、フローリングに塵や埃が堆積している状態でコーティング剤を塗ってしまうと、コーティング剤の中にそれらが混入してしまう可能性があり、それによってフロアコーティング本来の性能を発揮できなかったり、効果が長持ちしなかったりする場合もあります。

そのようなトラブルが発生しないよう、コーティング剤を正しく塗布できるように必要な工程を組むのが一般的です。
そうした工夫は専門の業者が行ってくれるのですが、一方で、利用者の側でもできることをしておくとより万全な状態をつくれます。

 

あらかじめ準備しておくと効果が高まる
 

準備の必要性は、やはりフロアコーティングの効果をより高めていくことが大きいです。
すべて任せてもフロアコーティング自体は実施できますが、それではせっかく長期間にわたって効果を発揮するフロアコーティングの利点を十分に活かせません。

種類にもよりますが、フロアコーティングの効果は長いもので20〜30年ほど持続するとされています。
それだけの期間、床をキズや汚れから守ってくれるものであるからこそ、適切に対応をしておくべきです。
それが結果的に、費用対効果を高めることにもつながります。

「フロアコーティングは費用が高いから……」と思っている人も多いのですが、効果が長持ちすることを考えると、市販のワックスなどよりもコスパが良くなるケースもあります。
また、お手入れが簡単になることも踏まえると、手間や時間の節約にもなるのです。

 

具体的な準備しておきたいこととは
 

では、どのような準備をしておくとフロアコーティングの効果を最大化できるのでしょうか。
大切なのは、「業者がどのような作業を行うのか?」という点にあります。
つまり、作業内容を踏まえたうえで、必要なことを先に行っておくイメージです。

たとえば、「邪魔になりそうなもの(家具など)は片付けておく」「簡単な清掃をしておく」「キズや汚れなどがあれば確認しておく」「施工する部屋を通らなくていいように動線を考えておく」などが挙げられるでしょう。
いずれも、施工をスムーズに行ってもらうための工夫です。

もし、何をすればいいのか悩んでしまう場合は、依頼先の業者に聞いてみると良いでしょう。
サービスが行き届いている業者であれば、あらかじめ「何をしておけばいいのか」をまとめて提示してくれる場合もあるため、忘れずにチェックしておくようにしてください。

 

当日の流れについて 
 

フロアコーティングの施工は、おおむね一日で終了します。
清掃やキズのチェック、あるいは補修が済んでいれば、「テープなどでの養生」「コーティング剤の塗布」「乾燥」という流れが一般的です。
最後に立ち会いのもとで確認をし、終了となります。

引き渡し後にすぐお部屋を使いたいという方も多いとは思いますが、コーティング剤が完全に硬化していない可能性もあるため、少し時間を置いてから物などを移動するとさらに万全です。
キズや汚れがつかないよう、作業は丁寧に行うようにしましょう。

ちなみに、フロアコーティングの「完全硬化」に関しては、施工が2〜3日ほどかかるとされています。
ですので、それまでの間はなるべく重い家具などは置かないようにすると良いでしょう。
その後は、これまで通りに使用することができます。

 

 

フロアコーティング後にはメンテナンスも大事
 

フロアコーティングをした後に関しては、普段のお掃除をしておけば問題ありません。
むしろ、フロアコーティングの効果によって、お手入れはこれまでよりもずっと楽になっているはずです。
ただし、汚れた場合はそのままにせず、素早くさっと拭き取るようにしましょう。

コーティング剤の種類にもよりますが、中には水に弱いものもあります。
そのような場合、汚れを放置しておくことによって劣化の原因になったり、効果の持続性が低減してしまったりする恐れもあります。
特別なことをする必要はありませんが、気にするようにしておきましょう。

また、小さな塵や埃が靴下やスリッパに付着していることによって、床にキズがついてしまうこともあります。
もちろん、そうした場合でもフローリングに影響がないようにするためのフロアコーティングなのですが、できれば部屋に入る前に取るようにしましょう。
そうするとコーティングの効果が長持ちしやすくなります。

 

おわりに
 

このように、フロアコーティングには事前の準備が重要となります。
特別なことをする必要はありませんが、施工当日の作業をスムーズにするために、できることをしておきましょう。
それが結果的に、フロアコーティングの効果を発揮することにもつながります。

 

<記事のポイント>
 

・フロアコーティングを実施する際は、施工前に準備をしておこう。

・簡単な清掃やキズのチェック、物の移動を済ませておくと作業はスムーズになる。

・何をすればいいのかわからない場合は、依頼先の業者にヒアリングしてみよう。

よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問をまとめました。 お問い合わせ前にもご確認ください。

Q&Aを見る

お電話でのお問い合わせ

コーティングについてのご質問、ご相談、お見積りは気軽にご連絡ください。

メールによるお問い合わせ

コーティングについてのご質問、ご相談、お見積りは気軽にご連絡ください。図面などのお見積り資料も添付できます。

お問い合わせ